駆除前に敵について学ぶ|素人では困難!ねずみ駆除業者に厄介者の駆除を任せよう|Rat catch

駆除前に敵について学ぶ

作業員

ハツカネズミ

ハツカネズミは、住宅に害を及ぼすねずみの中でも最も小さい種類です。体長はおおよそ6センチから10センチ程度でしょう。背中が灰色、もしくは黒です。中には白いハツカネズミもいます。腹の辺りは背中に比べて薄い色をしています。耳は大きくて丸みを帯びているのが特徴です。尻尾の長さは体に比べて短いタイプとされています。顔の長さも比較的短いと言えるでしょう。そして、性格は大人しく、警戒心も低いとされています。他のネズミに比べると、駆除しやすいでしょう。泳ぐことも苦手で、基本的に地面や電柱などをつたって住宅に侵入してきます。体が小さいので身軽に動くことができるのです。また、ハツカネズミは田畑や野山を中心に生息しています。どちらかというと、都会から離れた場所に発生するのです。農村部で多く見られるでしょう。場合によっては、秋から冬の寒い時期だけ屋内に侵入することもあります。家具の隙間などに巣を作ることが多いことから、狭い場所を好む傾向であるのが分かります。冬場だけ被害が見られるようなら、ハツカネズミの仕業かもしれません。また、小さな隙間などにラットサインが出ている場合も、ハツカネズミを疑いましょう。糞の大きさは5ミリ程度で、端の方が尖っています。基本的に形は揃っているでしょう。

クマネズミ

最も大きな被害をもたらすとされているのが、クマネズミです。ネズミ駆除業者も手を焼くことが多いと言われています。体長は中くらいで、15センチから25センチ程です。それほど大きなねずみではありません。背中と腹の色にはっきりとした違いがあります。背中は暗い茶褐色か黒です。腹は灰色か白でしょう。尻尾が体より長いのも特徴です。尻尾の長さでクマネズミと判断することができるでしょう。また、ハツカネズミと同じく、大きな耳を持っています。性格は臆病で、警戒心がとても強いねずみです。その為、罠などを仕掛けても、警戒して近づかないこともあります。泳ぐのは苦手ですが、ハツカネズミと同じく俊敏に動くことができるでしょう。高いところにもよく登ります。乾燥した場所を好み、天井裏などに発生することがほとんどです。夜中に天井裏を走り回り、巣も天井裏に作るのです。場合によっては、壁の中などにも巣を作ってしまいます。基本的に一年を通して屋内に生息するのです。また、ハツカネズミとは違い、クマネズミの多くが都心部に生息しています。糞の形も不揃いで、7ミリ程の大きさです。あちこち移動した場所で糞を撒き散らすので、糞尿被害も拡大してしまうでしょう。

駆除の流れ

現地での調査

ネズミ駆除業者に駆除を依頼すると、まずは事前調査を行ないます。ネズミ駆除では、現地での調査がとても重要なのです。基本的に被害の状況や、ラットサインをチェックします。ラットサインとは、ねずみが残した形跡などのことです。糞などをチェックするでしょう。現地調査をすることで、ねずみの種類も特定することができます。種類に合わせて必要な対策を考えていくのです。そして、まずは捕獲と防鼠作業を行ないます。事前調査を行った後に、見積もりをだします。事前調査自体は無料で行ってくれるでしょう。見積もりに納得ができれば、作業の日程を決めるでしょう。自分の都合に合わせて作業してもらいましょう。

1回目の施工

基本的にねずみの捕獲作業は夜間行ないます。ねずみは夜行性なので、活発に行動している時間帯に捕獲するのです。ほとんどの場合、粘着マットを用いてネズミを捕獲していきます。バネと針金を使った器具を使うことはないでしょう。粘着マットの方が効率良くネズミを捕獲することができます。粘着マットは足の踏み場もないくらいに設置するでしょう。逃れることはできないのです。このように徹底的な作業が必要となります。また、捕獲用の粘着マットは、朝に回収するでしょう。また、同時に防鼠作業も行ないます。金網や鉄板などを使ってネズミの侵入を防ぐのです。侵入経路をある程度シャットアウトしていきます。

2回目の施工

2回目の施工は1回目が終了してから10日程経過した時に行ないます。ある程度ネズミの警戒心を薄れさせる必要があるのです。ネズミは学習能力も高く、警戒心も強いので、ある程度時間を空けることが大切になってきます。基本的に2回目の捕獲作業が終了してからメンテナンスを行なうでしょう。ネズミをしっかりと駆除できているか、確認するのです。基本的にネズミを根絶やしにするまで捕獲作業は続きます。1匹でも逃してはならないのです。2回目の防鼠作業では、細かい穴も塞いでいきます。また、メンテナンスも同時に施していくでしょう。こちらもねずみが侵入しなくなるまで作業を続けます。

施工の完了

徹底的に捕獲、防鼠作業を繰り返すことで、駆除は完了するでしょう。駆除の完了とは、ねずみが完全に生息していない状態のことです。ただ、都心部などのねずみが多いエリアでは、メンテナンスを行なうことが大切になります。新しいねずみが住居に侵入してくる可能性もあるからです。ねずみの侵襲を侵入させないようにすることが重要です。施工が完了した後も、ねずみがいない状態を維持できるようにしましょう。定期的に専門業者に点検を依頼するのがベストな方法です。定期的に点検作業をすることで、被害を防ぐことができるでしょう。また、ねずみが発生しても早い段階で駆除することができます。

業者と相談

ネズミ駆除作業を完了した後でも、専門業者と相談することができるでしょう。定期的な点検作業の際には、写真などと一緒に報告をしてくれます。現在の状態をしっかりと把握することができるようになるでしょう。また、なにか不安なことがあれば、相談も可能です。例えば、ねずみの対策方法について相談してみると良いでしょう。食品の保管方法や、清掃の仕方などを教えてもらえます。常に清潔にしておくことで、ねずみが発生しにくい状態を維持できるのです。このような相談をするためにも、業者選びはとても大切になります。基本的に長く付き合える業者を利用すると良いでしょう。

ネズミの被害に悩んでいる人におすすめのページ

作業員

駆除前に敵について学ぶ

ねずみの種類について知識を身に付けることができます。駆除作業の流れについてもチェックしておきましょう。

READ MORE
ねずみ

駆除の方法

ねずみ駆除の方法について紹介しているページです。あらかじめ駆除に関することを頭に入れておけば、すぐに動き出せるでしょう。

READ MORE
広告募集中